お知らせ

2019.12.21

むつみ幼稚園に消防車・救急車がやってきた!

 12月、今年3回目の避難訓練は、
岐阜北消防署・島分署の消防隊員のみなさんが立ち合っての訓練となりました。
いつもと違った様子に、教職員も子どもたちも緊張感MAX。

“訓練 火災です”の放送で開始。
通報・初期消火・避難誘導・人数点呼・けが人や体調の把握など、避難終了まで約5分弱。
今までの訓練の経験から、非常にスムーズに終えることができました。

訓練を見ていただいた消防署の方から
「たいへんよくできました!先生のお話もよく聞いて避難できていましたよ。」
と、お褒めの言葉をいただきました。
「そして・・・今回はそのご褒美に、消防車・救急車・さらに煙体験ハウスを持ってきました!」


訓練を終えた子どもたちのお楽しみの時間です。
消防車・救急車、普段は遠くからしか見ることができない車がこんな近くで見れるなんて!
目をキラキラ輝かせ、消防隊員のお兄さんたちの説明を聞いていました。
「救急車の中って色んな機械がある。」「あれって、テレビ見えるようになっとるの?何見るの?」
「ここにホースが合体して、水がバアーって出るんやと!」
「俺もこれ運転してみたい!」こんな素直な子どもたちの感想に

「君たちがたくさん興味を持ち、将来 消防隊員になってくれることをまっています!」

と消防隊員。こうして、全園児が消防・救急のお仕事に触れ合うことができました。
また、園内では煙体験ハウスに入り
「真っ白でよく見えない」「だれ?〇〇ちゃん?」
など、火事を模擬体験したのですが、ちょっとしたアトラクションになってしまったかと・・・。

こうして避難訓練はお楽しみも含めて終えることとなりましたが!
先生たちは放課後、もうひと頑張り!
普通救命講習Ⅲを13名の先生が受講し、子どもたちの“万が一に備え”改めて勉強をしました。

講習を含め、長い一日となりましたが学び多き日になりました。

岐阜北消防署・島分署の消防隊員の皆様、大変お世話になりました。
ありがとうございました。

追伸 おかげさまで、普通救命救急講習Ⅲ 救命技能認定(13名)と、
  むつみ幼稚園が応急手当協力事業所として認定をいただきました。
  
  添付写真はその講習の様子です。いまいちわかりにくいかもしてませんが、真剣です。
  汗かいて頑張っています。

もどる